試験の合格率・難易度

試験の合格率・難易度

率直に言って、マンション管理士試験の難易度は高いです。合格率の観点から見ると不動産系資格では土地家屋調査士等と並ぶレベルです。その他の分野では社会保険労務士や行政書士が難易度としては同等です。これらの資格は取得により将来を手堅く運べるものばかりです。難易度の高さ=活用度の高さととらえてください。

それでは過去のデータから実際のところを追ってみましょう。

近年の試験結果

(合格率・合格点)

 

2009年度

2008年度

2007年度

2006年度

2005年度

合格率

7.6%

8.6%

7.4%

8.3%

7.3%

合格最低点

34点

37点

36点

37点

34点

※例年受験者は2万人前後、合格者は1500人前後

(年齢別受験者の傾向)

年齢

受験申込者数

受験者数

受験率

合格者数

合格率

~29歳

2,324
(10.6%)

1,952
(10.2%)

84.0%

183
(12.7%)

9.4%

30歳~39歳

5,145
(23.5%)

4,289
(22.4%)

83.4%

426
(29.5%)

9.9%

40歳~49歳

5,230
(23.8%)

4,507
(23.6%)

86.2%

351
(24.3%)

7.8%

50歳~59歳

5,461
(24.9%)

4,875
(25.5%)

89.3%

283
(19.6%)

5.8%

60歳~

3,775
(17.2%)

3,497
(18.3%)

92.6%

201
(13.9%)

5.7%

合計

21,935

19,120

87.2%

1,444

7.6%

マンション管理士試験の合格率は7~8%前後です。また受験者の中心層が30代~50代と広範であることも、この国家試験の特長のひとつです。

合格率には10%を割る険しいものがありますが、試験問題は大きな法改正でもない限り、60%以上が過去問をベースとして出題されています。対策立てはむしろしやすい試験です。

また試験が四肢択一問題形式のマークシート形式で行われることも安心材料のひとつです。法令を丸暗記する必要はありません。ただし難関な設問の文脈を正しく読み解く、総合的な理解力・類推力などが試されます。

対策としては紋切り型のアドバイスになりますが、基本となる用語をなるべくたくさん暗記すること、法令を文脈で理解すること、過去問を徹底して攻略することなどです。
しっかりとした勉強をすれば1年でも充分合格が狙えます。

難関資格を効率のよい学習法で制覇→http://mankan-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>