試験合格までのプロセス

試験合格までのプロセス

それでは、マンション管理士試験の申し込みから資格取得までのプロセスをご案内します。試験準備のスケジュールは、以下の内容から逆算し、十分な期間を確保しておこなうようにしてください。

まずは受験資格。一切制限はありません。学歴、国籍など関係なく、誰でも受験できます。まじめに勉強すれば、どんな方にでも取得できる可能性があるのです。
試験の「申込期間」9月の上旬から下旬の間です。
それ以前に、財団法人マンション管理センターの本部、および試験会場となる支部から願書を入手します。受験案内と申込書は、同センターのホームページにアクセスすれば誰でもダウンロードすることが可できます。

願書の申し込み

申し込みは、マンション管理センターが指定する払込用紙を使って、銀行振込で受験手数料(9,400円)を納付します。そして、手に入れた受験申込書類(願書)を同センターへ郵送します。
各締切日は書類等に記載されていますが、間違いのないよう、あらかじめきちんと確認しておきましょう。

試験日・試験会場

マンション管理士の試験は、例年11月下旬から12月上旬に行われます。
(ちなみに管理業務主任者試験は、一週間日程をずらして実施されます)
試験会場は、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市及び那覇市並びにこれら周辺地域(全国25会場)で行われています。マンション管理センターの支部を調べて、最も近い会場を利用しましょう。

試験当日

当日の試験時間は2時間です。
試験は四肢択一マークシート式全50問で行われます。
試験の合格基準は、満点(50問正解)の60~70%の得点が目安になります。

合格発表

毎年試験翌年1月中旬に発表されます。合格発表は官報で合格者の氏名および受験番号が公告されるほか、マンション管理センターから受験者へ通知書が送付されます。
また合否の情報は同センターのホームページからも確認できます。すぐにチェックしたい方にはおすすめです。

以上詳しくは、財団法人マンション管理センターのホームページを確認してください。
http://www.mankan.or.jp/
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル7F
TEL03-3222-1611(試験案内専用電話)

難関資格を効率のよい学習法で制覇→http://mankan-tsusin.com/

<< 前のページ次のページ >>